カードローンでおまとめローン代わりに利用するメリットと評判

一本化するとどうしてお得になるのか

複数の金融機関から借入をしている場合、全てを1つの金融機関のローンにまとめた方が得をする場合があります。金融機関全体の傾向として、借入額が上がるほど金利が低く優遇されるからです。それぞれのローンの利用額が低い場合は、それぞれ適用金利が18%前後だったとしても、複数の借入をまとめることで金額が大きくなり、金利が10%台前半にまで下がることがあります。年間で数%の差かもしれませんが、複利で利息が付くことを考えると年単位で、総支払額に大きな差額が出ることになるでしょう。実際に利用した方が口コミサイト等で支払う額を軽減できたと評判になっているので、お得に利用するなら一本化した方がおすすめです。借入をまとめるのであれば利用者からの評価が高い、消費者金融や信販会社等の貸金業の金融機関で用意されている総量規制対象外のおまとめローンと、比較的多額の借入が認められている銀行のカードローンから選ぶことになります。

貸金業と銀行のローンとそれぞれの一本化のメリット

貸金業のおまとめローンは月々の支払い額を軽減する意味合いが強く、利用者を保護する目的の借入となるので総量規制対象外になり、一本化する目的に適っていると言えます。また、他の金融機関に振込をして支払いの代行も依頼出来る所も多く、別のことに使ってしまう心配もないのがメリットでしょう。返済専用のローンとなり、追加の借入が必要でも認められないケースがほとんどで、緊急に現金を入手したい時に困ると考える方もいます。一方、銀行のカードローンであれば総量規制がありませんし、利用限度額以内であれば何度も借り入れができるので融通が利きます。借入の一本化目的の返済専用のローンと組み合わせることも可能な場合があり、緊急の借入にも対応できるプランも用意されていることがあります。比較的評判が良いローンの中には、他の借入とまとめる目的で借入をしても良いと明記されていることもあります。どの銀行も個人的な利用であれば目的は問わないことになっていますが、借入の申込をする時には一本化する目的であることと、他社の利用件数や利用額を間違いなく書き込む必要があるでしょう。

銀行の場合はどのくらいなら借入できるのか

全ての借入については審査基準が明らかになっていません。銀行の場合は低金利で借入出来るのがメリットですが、その分審査が厳しく時間がかかる場合があります。銀行のサイトには簡易診断の機能が付いている所が多いです。できれば利用者から評判が良くても全ての人が借入できるとは限らないので、簡易診断を受けることを勧めます。診断項目に住宅ローンや自動車ローン以外の借入やクレジットカードのキャッシング額を、金融機関ごとに入力する欄があります。一部では合計額を入力する所もありますが、たいていは入力欄は3件~4件ほどのことが多いため、そのくらいの借入件数を想定していると思われます。簡易診断で申込可能と結果が出た後に申込フォームに遷移しますので、シミュレーションをしてみて目安にするといいでしょう。カードローンにおまとめ目的で借入をした方の書き込みを見ると、まとめる対象の借入先が2~3件以内で、借入に必要な額が総量規制の対象となる年収の3分の1前後の場合に、審査に通った方が多いと考えられます。

ピックアップ記事一覧